カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

2018/4/24 次は中古紅木小唄三味線!

先日ブログに載せました長唄のお稽古用三味線ですが、お陰様で完成前に行き先が決まりました(^^)

今度は紅木の小唄三味線の作成に入りました!
小唄三味線は男性におススメな棹が太めなタイプで東さわりも付いております。
これから胴付け・中木付け・糸巻きの平き直しなどほぼ全ての修理をします!
完成前でしたら胴掛けなどお好きな柄をお選び頂けますのでお問合せ下さいませ!!

2018/4/21 中古の花梨長唄三味線出ます!

中古のお稽古用長唄三味線は人気なので作成する前に注文が入ってしまい、なかなか店頭に並べる事ができない状況でした。

現在棹を磨き直して皮も張りましたので近日お出し致します(^^)
どこも故障個所の無い綺麗な品になります!
店頭に現物もあり、詳細などお気軽にご相談くださいませ!!

2018/4/16 張替え時の注意点

三味線の張り替えを出す際、まれに胴の接着部分が弱くなって隙間が開いてしまっていることがございます。

張替えをするのに皮を剥がしましたら、剥がしたらバラバラになってしまいます。
胴の付け直しをすれば直るのですが、修理代が別途かかりますのでご自身の胴を確認を修理に出す前にご確認くださいませ(^^)/

2018/4/13 琴柱入れがたくさん新入荷!

お琴用の琴柱入れが沢山入りました!

13弦用お琴のボタンタイプの琴柱入れです(^^)
今までお待ち頂いていた方、大変お待たせいたしました。
様々な柄が揃っておりますので今がチャンスです!
お店に全てございますので現物を見に来てください(^^)/

2018/4/10 閉店後にトレーニング!

私事ですが、三味線の張替えやお琴の糸締めは結構筋力を使うので私達はトレーニングをしております(^^)

写真は閉店後の3代目です(笑)
津軽三味線の皮を張るのに腕の力も大切で、納得のいくように作業するのに体のケアも重要ですね♪
昔はぎっくり腰をよくやっておりましたが筋トレを始めてなくなりました('◇')ゞ
片方12キロのダンベルしかなく少々軽いのでそのうちもっと重いのを用意しようと思います!

2018/4/7 三味線の糸巻きの角度直し

三味線の糸巻きの角度というのはかなり重要というのはご存知でしょうか。

一番使いやすいとされている寸法があり、それに合わせて金具にも角度がございます。
金物を打つ位置や角度によっては糸巻きと金具の擦り合わせ部分が綺麗に当たらず、糸巻きの止まりにくい三味線になってしまいます。
写真の三味線は実は糸巻きが開きすぎているので良くない状態です。
中古の三味線ですが、金物を取り外してこれから開きを直します(^^)

2018/4/3 三味線の天神付け修理

三味線の天神付け修理をお受けいたしました。

天神が取れてしまった場合、乳袋のあたりからヒビが入っている事が多いです。
今回の修理は何事もなかったのでご費用もお安く直すことができます(^^)
上駒のあたりなどに手で触ってわかるような段差ができ始めたら糊付けが甘くなっているか取れてしまっているかという事ですのでお気を付けくださいませ。

2018/3/30 教材用の津軽三味線調整

本日教材用のアフリカ花梨津軽三味線が3丁入荷致しました。

こちらは工場生産の品ですが、糸巻きや胴の仕込みを私達の手で調整しております(^^)
仕入れたままの状態ですと糸巻きはがたつきがあり少々止まり具合が頼りないので手を加えなければなりません。
工場生産の教材用でも1丁1丁調整してから店頭に並べておりますので安心してお買い求めくださいませ!!

2018/3/27 桐製の箱型見台が出ました!

大変貴重な桐製の箱型見台が出ました!

当店が昔から在庫していた品でついにHPにUP致しました。
少々在庫していた時期が長いのでヒモの部分の色に劣化がある気が致しますが現在は製造がされていないのでお探しの方はこの機会にいかがでしょうか(^^)
時代仕上げという焼き方で、国内の職人さんが作った品になります
三味線用 桐製箱型見台

2018/3/24 お琴の座金取り換え

お琴の糸の取り換え修理をお受けしまして、全てを綺麗にしたいという事で金具も取り替える修理も同時にお受けいたしました。

中古のお琴を出す際によく取り替えるのですが、あまり比べた事がないので隣に今までの金具と新しい金具を置いて比べてみました。
比較したのは1つずつですが、全てを取り替えると綺麗さがかなり変わりますね(^^)

2018/3/20 津軽三味線の胴仕込み

新品ご注文品の津軽三味線を作成中です(^^)

胴を仕込むのに焼抜きをする作業は前にご紹介したかと思います。
今回はその前段階の工程をご紹介いたします。
胴は穴は開いておらず、ドリルや小さなのこぎりを使って焼き抜く前の穴を開けます。
三味線が完成した際にハの高さがしっかり出るように穴の位置も開けます。
胴に傷がついてしまったら終わりですので丁寧に行わなくてはなりません(^^)
津軽三味線 胴仕込み

2018/3/16 三味線の音緒をほどいてみました

三味線の音緒はどんな状態の物からできているかご存知でしょうか?

皆さん音緒の形をしている状態しか見たことがないかと思いますので試しにほどいてみました。
実は音緒というのは1本の紐から出来ており、音緒の形に結ぶことで完成します。
ただ私達も結わき方が分からないので元には戻せませんでした(笑)
知恵の輪みたいですね(^^)

ページトップへ