カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

2017/10/7 本日は花梨三味線のカンベリ修理

本日はお客様の花梨三味線のカンベリを行いました。

カンナで削るのですがカンベリが深かった為なかなか出ず、さわり溝が無くなってしまいました。(笑)
新たに切りなおしたのですが、案内も無くなってしまったので新品を作る時のようでした(^^)
かなり専門的な話になってしまったので、詳しく聞きたい方はお店にて!

2017/10/4 三味線割れ接着修理

三味線の割れ接着修理をお受けいたしました。

入れほぞと接着の2パターンの修理方法がありましたが、丈夫な接着修理に決定しました。
簡単な手順としましては剥がれた箇所を付け、継ぎ手の段差をとります。
合わせる部分のがたつきを取った後に接着し、はみ出た接着剤や段差を磨いて滑らかにします。
今回の破損原因は落としたわけでもなんでもなく、輸送中の振動という事でした。

2017/10/1 地唄三味線用の象牙津山撥を出しました!

先日お伝えした地唄三味線用の象牙津山撥がついに出ました!

中古で出るのはかなり久々で状態もとても良いのでおススメです(^^)
サイズや重さも載せておりますので商品ページをご覧くださいませ。
当店の一押しです!!

2017/9/29 閉店後も残業して頑張ってます!

現在、お陰様でお店が開いている時はお店が忙しく修理が出来ない日々が続いております(^^)
遠くから修理や作成依頼など頂きましてありがとうございます。
発送の梱包や修理もできるだけ夜間に行っているのですが、追いつかずご迷惑をお掛けして申し訳ございません。
スタッフ二人とも頑張って作業致しますので少々気長にお待ちいただければ幸いです。
何卒、よろしくお願いいたします。

2017/9/27 象牙の津山撥がついに出ます!

地唄三味線用の象牙津山撥がついに入りました。しかも丸撥です!

黄ばみもほとんどなく状態はかなり良いかと思います。
サイズですが七五サイズで、握り部分が少々細めです。
七五サイズをお探しで手の小さい方におススメです(^^)お値段は35万円でお出し致します!
数年に1丁出るか出ないかという貴重品なので、是非お店に見に来てください♪
三味線用 象牙津山撥

2017/9/26 取り替えた糸巻きを比較しました!

中棹三味線の糸巻きの取り換えをお受けいたしました

せっかくなので、取り替えた新品の糸巻きと元々付いていて短くなった糸巻きを比べてみました。
1の糸巻きが新しい糸巻きで、3の糸巻きが古い物です。
長年使って調整を重ねているとどんどん短くなってしまいます。
短くても使えますが長い方が見た目にカッコよいですね(^^)

2017/9/24 三味線胴付け前のひと仕事

古い胴だと糊が効いておらずぱっくり開いてしまっている事がございます。

皮を張る前にバラバラにして再接着する作業を『胴の付けし』といいます。
ノミで削って合わせていく前に前の糊を綺麗に洗い流す作業がございます。
今回お客様の張り替えですが、胴が割れていたので胴付けをする事になりました(^^)皮が破けたままにしておくと胴が歪んでしまいますのでお気を付けください。

2017/9/22 三味線の入れほぞ修理

またまた三味線の入れほぞ修理をお受けいたしました。

前にお受けした修理は入れほぞが1本でしたが、今回は両方なくなってしまい2本入れるという大変な修理です(^^)
接着が一番簡単な修理ですがやはり分解して持ち運ぶとなると入れほぞ修理になってしまいます。
ほぞというのは衝撃に弱いので取り扱いには十分お気を付けください!

2017/9/20 中古の花梨長唄三味線

現在進行形で中古の花梨長唄三味線を作成中です!

棹全体の磨きや糸巻きの調整、天神の直しまで全て完了いたしました(^^)
ここまで手を掛けたので新品みたいに綺麗になりました。
この後は皮の張り替えに入ります!
張替えの前に、先日ブログで書いた紫檀小唄三味線の修理に入ります!

2017/9/19 津軽の胴掛けを整理!

津軽三味線用のラメコーティング胴掛けを見やすく整理致しました(^^)

今まで透明なビニールの袋に入っているだけでしたが、プラチックの透明ケースをこの胴掛けの為に購入し入れてみたところとても見やすくなりましたのでご紹介いたします!
お店の棚に並んでおりますよー!!

2017/9/17 中古の長唄・小唄の作成開始!

本日から中古の花梨長唄三味線、紫檀の小唄・端唄三味線の作成を開始いたしました!

紫檀の小唄三味線と花梨の長唄三味線です。
小唄の方は糸巻きの開きが広いので金物を全て取って打ち直し、新しい東サワリを仕込みます。
花梨の長唄は胴の糊付けが甘いのでバラバラにして組み直します。
それぞれ修理箇所がいろいろあって大変ですが頑張って直します(^^)/

2017/9/15 オリジナルの駒入れ完成!

三味線用のオリジナルボール駒入れがたくさんできました!

お安くて使いやすい駒入れなので当店でもおススメの1品です(^^)/商品の説明欄にも記載がありますが、使い始めはフタが硬く、使っていると柔らかくなってきますので最初は浅くフタをしめてお使い頂ければと思います!!

2017/9/13 ひたすら張替え作業!

本日は3代目も4代目もひたすら三味線の皮の張り替えをしておりました。

皮というのは限界まで引っ張るので張っている最中に破けてしまう事もあり、時間が読みにくい作業なんです(;'∀')破けてしまったら最初から張り直しですが、音を良くするために頑張っております!
幸い今日の作業は全てスムーズにいき、二人同時に皮を乾かしておりました。
明日は当店はお休みですので、よろしくお願いいたします!!

2017/9/10 カバの歯の琴爪がお試し価格に!

お琴用の琴爪で珍しいカバの歯の爪がございます。

お琴の爪と言えば象牙が一般的ですが、こちらのカバの歯も象牙同様に硬いとされております(^^)
今回お試し価格としてお値段がお求めやすくなりました!
なかなか馴染みがないかと思いますが、この機会にぜひお試しください!!

2017/9/8 中古の津軽塗り胴掛け

滅多に出ない中古の津軽塗り胴掛けが出ました。

貴重な塗分けというタイプの柄になりまして、新品でもほとんどないような柄です。
天神の角が少しだけ欠けてしまっているのが残念ですが、胴掛け本体は少しのスレだけで綺麗だと思います(^^)
もちろん津軽三味線用です!
三味線用 中古 胴掛け 津軽塗り

2017/9/6 中古三味線の金物付け直し

紅木の長唄三味線のご注文お受けいたしました。

糸巻きの金具が1つ浮いておりましたので、全部付け直しました。
1つ浮いているという事はほかの箇所もそのうち取れてくる可能性があるという事になります(^^)
安心してお使い頂く為には必要な事ですね♪
金物を付け直すのもただ接着すればよいのではなく、接着面により付きやすいように細工をするんです!

2017/9/5 中古の桐製立て箱が近日出ます!

長唄サイズの中古立て箱が入荷致しました。

国産の時代焼きの品物で、状態も綺麗だと思います(^^)
角のがたつきがあったので、一度外してから角度や長さを調整して接着し直しました。
近日中にお店に並びます!!
長唄サイズなので、長唄三味線にしか使用できませんがきれいなのでおススメです!

2017/9/3 中古の三つ折れジェラルミンケース

中古のジェラルミンの三つ折れケースが緊急入荷致しました。

中のクッションの裏側にマジックで名前を消した跡があるのが少々難点ですが、全体的に綺麗だと思います(^^)
がっしりしていて丈夫さはピカ一ですね!
専用の高級カバーもお付けいたします。国内産の合皮ですのでこちらもしっかりしております!

2017/9/1 張替えや爪付けの糊

皆さんこちらの糊を見たことはございますか?

私達が三味線の張り替えや、お琴の爪を付ける際に使用している糊になります(^^)
もち米を粉末にした糊で、爪の付け替えの際は水で濡らせば溶けて付け替えが簡単です。
お琴の爪皮を販売する際にご希望で差し上げておりますので、使ってみて下さい!
使い方は水で練るだけです!

2017/8/30 中古の津軽三味線が完成!

中古のインド紅木の津軽三味線が完成致しました。

仕様は金細・綾杉胴です!
胴が4分大なのでずっしりした三味線をお探しの方には向きませんが、女性や体の小さな方におススメです(^^)
象牙調の糸巻きと糸巻き金具を新品に取り替えましたのでとても綺麗な三味線です。

2017/8/29 中古三味線2丁作成中!

お客様の修理の他に中古の三味線2丁の作成を進めております。

1丁は紅木の民謡です。2分大の胴が付いて東サワリもあるのでずっしりしております。
もう1丁は1寸5分の短棹民謡三味線です。
こちらは下棹が鳩胸になっておりますので少々お安くお出しする予定でおります(^^)
写真は2分大の三味線の天神を磨いているところです!

2017/8/27 当店で加工した小唄用桑駒 

当店で加工をした小唄三味線用の桑駒をお出しする事になりました。

特注で作った当店オリジナルの桑駒があるのですが、今までは職人さんから上がってきたままでお出ししておりました。
さらに音を良くするようにそこから私たちが自らおろして形を作った駒になります(^^)/
1枚1枚作るので、ご注文からお時間を頂きますがぜひお試しください!!

2017/8/25 中古の三味線桐タンス!

中古の三味線用桐製タンスがもう1つ出ました!

こちらはお持ち帰りの大特価で1万円でお出し致します。
少々小傷や汚れはありますがまだまだお使い頂ける品になります。
私たちがメンテナンスしましたのでご安心下さい(^^)/店頭にございます。

2017/8/22 本日撮影がありました!

本日、韓国のTVクルーがお店に来て当店の作業風景や私達のお話など撮影がありました(^^)

今回は張替えではなく、胴仕込み・東さわり入れ・撥の直しなどなかなかご紹介していない作業を撮影致しました。
最後に2代目、3代目、4代目にインタビューをし、なんと5歳の5代目にも簡単なインタビューがありました!(笑)
秋に放送するそうで5か国で放送するそうです!!

2017/8/21 お琴カバーを期間限定価格にて!

お琴用の持ち運びカバーを期間限定価格にて販売致します。

防水の効いたカバーは在庫がなくなり次第終了ですが、ナイロン製のカバーは無制限で販売致します。
ナイロン製のカバーは入荷次第順次発送いたしますが、お急ぎの方は遠慮なくご相談くださいませ。
店頭でも同じ価格です(^^)/
下記のページからカバーのページに行くことができます!


2017/8/20 ラメコーティングの津軽胴掛け!

当店オリジナルの津軽三味線用ラメコーティングの胴掛けが先日入荷致しました。

手作りなので、表面の多少の凸凹はありますが使用には問題ございません(^^)
津軽の胴掛けはお値段が高く手を出しにくいですが、なるだけ価格を抑えた当店のオリジナル品です!
今は柄が揃っておりますので是非実物を見に来てください(-ω-)/

2017/8/19 東さわりの駒作り

埋め込んだ東サワリの中の、サワリ駒を作りました。

新品の東さわりは、金属のままで中に何も付いておりません。
紅木でサワリ駒を作るのも私たちの仕事です。
紅木の破材を使用して、やすりやノミを使用して形を合わせて作っていきます。
地味で細かい作業ですが、音を出すうえで大切な場所ですね(^^)

2017/8/18 中古の紅木津軽三味線完成!

作成を続けていた中古の紅木津軽三味線が完成致しました。

仕様が綾杉胴で金細なので、買い替えの心配などなくずっとお使い頂けます(^^)
試し弾きをしてみましたがとても良い音がしていると思います!
お店にて現物をご覧いただけますので是非お越しくださいませ!近日HPにも追加予定です!!

2017/8/16 新品長唄三味線の胴仕込み

新品の長唄三味線の胴仕込みを行いました。

細かい工程はかなりありますが、胴の下がりをはかり、角穴と丸い穴を開けます。
細かい微調整は刃物を使い手で合わせていきます。
この作業は音や弾きやすさを左右する大切な作業です(^^)
今回は花梨のお稽古用を仕込みました。あまり見たことないかと思いますが、仕込む前は穴が開いていないんです(-ω-)/
三味線修理 胴仕込み

2017/8/15 ついに中古のくり甲が入荷!!

ついに中古のくり甲が入荷致しました!!

かなり木目が綺麗で、新品ですとかなりの金額になってしまう高級なお琴になります。
使用期間もかなり短い品になります。
付属品は全て新品で、猫足は未使用です。
すぐにお持ち帰り頂けるように糸を締めてお店にお出し致します(^^)/
お値段は69万8千円の予定です。

2017/8/14 最高級の津軽べっ甲撥

津軽三味線用のべっ甲撥が新入荷致しました。

ヤギの角の手元と、象牙の手元の2丁です。
握りに合わせて私たちがべっ甲を選んで張って頂きました。
厚みもあり、色もかなり綺麗なのでスタッフおススメの撥です(^^)
現在当店にある撥で一番良い撥になります。
実際に握って頂けますのでお試しくださいませ!

2017/8/12 象牙の糸巻き調整

象牙の糸巻きの修理をしております。

今回の場合、かなり奥の方に入っておりましたので、元のラインの所から削り出しました。
やすりでぴったり合っていても磨くと感じが変わるので止まり具合を計算しながらやすりで削ります(^^)
磨くとかなりツヤがでてピカピカになります。
最後に金具と当たる部分に墨を塗れば完了です!!

2017/8/11 大型連休スタート!

大型連休に入りましたね(^^)

当店は連休中も休まず営業しております!
お持ち帰り特価の品や、値下している品、まだHPに載せきれていない品などまだまだございます。
本体も新品・現物問わず現物があります。
ご遠方から東京に遊びに来る方はぜひお立ち寄りくださいませ。
写真は現在作成している中古の津軽三味線です!!もう完成間近です(^◇^)

2017/8/9 中古の金細津軽三味線

中古の津軽三味線を作成しております。

棹や胴自体は中古ですが、糸巻きは新品の象牙調を仕込んでおります。
金具も良くなかったので新品の座金に取り替えてしまいました(^^)
皮の張替えや棹磨きまで完了しましたので、
連休にお越しいただいたお客様にもご連頂けるよう作っております!!
津軽三味線 糸巻き

2017/8/8 張替え後の作業!

三味線の張替え作業は良く目にするかと思いますが、張替えというのはそれだけでは終わりません。

木栓を外し、はねている皮を寝かす作業をします。
これの作業をこきつけや耳つけなどと呼んでおります。
張替えに比べ難しい作業ではありませんが、あぐらをかいて前かがみで行うのでとても腰が痛くなるんです(´;ω;`)

2017/8/6 ご注文の黄水牛べっ甲撥作成!

本日、ご注文を頂きました黄水牛の撥を作成致しました。

べっ甲張りのみ専門の職人さんにやってもらい、おろして磨き上げるのは私達で行う『菊岡 中むら』製です(^^)
もともと分厚いのでなかなか大変な作業ですが喜んで頂けるように頑張っておろしました!
黄水牛はもう手に入らない貴重品になってしまいました。

2017/8/4 中古のトチ花梨民謡三味線が完成!

作成しておりました中古の民謡三味線が完成致しました!

価値の高いトチの出ている花梨三味線で状態も非常に綺麗です。
糸巻きがカッコよい宇柄を仕込みましたので予定よりちょっとだけお値段が上がってしまいましたがおススメの1品です(^^)/
付属品も全て新品をお付けしております。
中古三味線 花梨民謡

2017/8/2 三味線のサワリの音質

中古の花梨長唄三味線完成しました。

三味線というのは目に見えない箇所の調整が非常に大事です(^^)
写真のように必ず定規をあててサワリ周辺の当たり具合などを確認しております。
ここでサワリの溝を掘る箇所がおかしければ本来ビーンとつくサワリの音質がビャンビャンしてうるさい音質になってしまいます。
かなり専門的な話なのでわかりにくくて申し訳ございません(^-^;

2017/8/1 棹の修理がたんまり

現在様々な修理を行っていて、スムーズに進められるように同時進行しております。

中木の『ハ』直しや、中古三味線の棹磨き、お客様の棹接着修理や張替えを二人で作業しております。
張替えを乾かしている間に接着修理したり、中木の膠(にかわ)を乾かしている間に棹磨きをしたりと全く手が止まらないです(-ω-)/
三味線修理 棹割れ修理

2017/7/31 つま弾きようのピック追加!

小唄・端唄三味線のつま弾きで使用するピックや小撥を追加致しました。

両方とも象牙で出来ておりますので光沢があり高級感があります(^^)
あまり使用する方はいないかもしれませんが、お店にありますのでお探しの方は是非お越しください♪

2017/7/30 お琴の裏板接着修理

お琴の糸締め修理をお受けしたのですが、かなり古いお琴でしたので裏板がかなり剥がれてしまっておりました。

糊を流して特殊な道具を使って開かないように接着します。
裏板が剥がれた状態では糸を締め直しても音が漏れてしまい良い音がしないので、糸締めの際は必ずチェックしてください(^^)
修理できるのは糸を締め直すタイミングのみです♪

2017/7/28 トチ花梨の中古民謡三味線

貴重なトチ花梨の中古三味線をお客様の修理の合間に入れて作り始めました。

ここまで綺麗なトチが出ている中古花梨は滅多にないですね(^^)丸い東サワリも付いているので民謡でお使い頂けます。
棹の磨きまで本日行ったので糸巻きを再調整し、今度皮を張ります。
お値段は58000円(税込み)でお出しする予定です♪

2017/7/27 2代目と5代目の誕生日会

本日お店がお休みでしたので家族で誕生日会をしました。

7月で2代目が91歳に、5代目が5歳になりました(^^)家族でなかなかお祝い事をする事が少ないので皆楽しそうに食べまくっておりました(笑)
お店に出る機会はほとんどなくなりましたが、2代目には長生きしてもらいまた来年も同じように家族でお祝いできるといいなと思います(^^)
子供たちはうまくこっちを向いてくれませんでした↓↓

2017/7/24 三味線・お琴用の爪駒入れ

当店オリジナルの三味線・お琴用の爪・駒入れが新入荷致しました。

今回は全部で18個入荷しまして全て当店のスタッフが選んだ気に入っている品になります(^^)
爪を入れるにも駒を入れるにも、硬い箱なのでカバンの中でも潰れずにお使い頂けます。
是非ご覧くださいませ!!

2017/7/23 国産の1丁立て箱が入荷しました!

三味線の桐製1丁立て箱が入荷しました。

前回売り切れてからたくさんのお問い合わせを頂いておりましたが、やっと入荷致しました。
今回の品は国内の指物師さんが手掛けた一品になります(^^)
1つ1つ作っていて数はできてこないので、探していた方はお早めに!!私達もおススメの品物になります!!
三味線用 1丁立て箱

2017/7/21 新品の黒水牛撥が入荷!

津軽三味線に使用するべっ甲撥が6丁新入荷致しました。

5丁は1枚物のプラスチックですが、1丁だけ黒水牛が入荷致しました。
厚みも十分にあり、重さもあるのでたたく弾き方の方におススメです(^^)
2枚物ですが、見た感じは合わせてあるのは全くわからないくらい綺麗に仕上がってあります。
HPに載せている撥は店頭でご覧いただけますので是非ご来店くださいませ!!

2017/7/19 花梨の民謡三味線作成開始!

なかなか中古三味線の作成が進める事が出来ない日々が続いております。

昨日花梨のお稽古用民謡三味線を作成開始いたしました。
丸サワリが付いておりますので非常に使いやすいかと思います。
全体的に綺麗ですが、天神の先まで磨いたのでもっと綺麗になりました(^^)近日皮を張る予定です!!
中古三味線 花梨民謡

2017/7/22 棹の継ぎ手の中のがたつき

今回お受けした三味線は、割れた部分が浮いたまま固まってしまった為、分解した継ぎ手の中が膨らんでしまいガタガタになっておりました。
歪んで棹が長くできない状態になってしまっていたので、型をあてながらがたつきを取り、側面に段差ができるので段がなくなるように磨き上げました。
三味線の棹割れ修理ですが、割れた後にご自身で手を加えてしまうと綺麗に直す事が困難になってきます。
割れてしまったらそのまま何もせずお持ちくださいませ(^^)

ページトップへ