カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
店舗写真

店舗写真

店舗写真

2018/8/17 当店磨きのべっ甲撥発送!

本日より下半期の営業を再開いたしましたm(__)m

ご注文をお受けしました津軽三味線用のべっ甲撥ですが、当店磨きをお選びいただいていたので発送前の磨き作業の写真です。
通常ですと数日頂いておりますがお引越しの前にお届けという事でしたので午前中に最優先で行いました(^^)/
本日の集荷に間に合いましたので無事に届くといいですね♪

2018/8/12 螺旋糸巻き取り換え

津軽三味線の黒檀螺旋糸巻きへの取り換えをお受けいたしました。

象牙調やアクリルの螺旋はたまに仕込みますが黒檀は珍しかったので当店の商品ページにも追加致しました(^^)
合成の糸巻きとはまた違った味がありますね!
螺旋の黒檀糸巻は特注での作成になります。
ご興味のある方は是非!
明日から木曜日までお休みいたしますm(__)m

2018/8/6 東サワリの中身作成!

先日のブログの続きです!

東さわりを仕込み終わりまして中身のさわり駒を作成しております。
大きめの木を接着し、四角い枠に合わせて作っていきます。
ここで削りすぎると隙間ができたり、きつすぎると東さわりがスムーズに上がり下がりしなくなります。
やすりを使い何度もはめ込みながら細かく調整します。
最後にさわりの山を作って完了です(^^)

2018/8/3 東さわりを仕込みます!

東さわり入れをお受けいたしました(^^)

以前もご紹介しましたがまたお話いたします。
東さわり入れの作業は穴を開ける所からスタートします。
ノミで少しずつ削っていき四角の形を手作業で作っていき形を掘るんです。
完成形の時にとても手で仕込んだように見えないように作業するようにしております(^^)/
あまり知られておりませんが東さわりの中のさわり駒も何もない状態からの手作りです!

2018/7/23 格安のお琴第2弾出ます!

またまた格安の中古お琴を出します!

所々細かい傷があり、舌がなくなったりしておりますが使えるように私達がメンテナンスいたしました(^^)
部活やお稽古場などで使って頂ければ嬉しいです♪
店頭引き取りで現金のみの対応で2万円でお出しします。
糸も新しい糸に締め直しておりますので修理代のみの金額になっております。
前回ブログに載せたところ2日で売れてしまったのでお早めに!!

2018/7/20 天神欠け詰め修理

三味線の天神修理をお受けいたしました。

大きくない欠けでしたので詰めて直す方法を行いましたので途中経過を写真に撮りましたのでご紹介します(^^)
まず欠けがなくなるまで削り、上を詰めます。
形を作ったら磨いて完了です。
ざっくりとした説明ですがなかなか難しい作業です。
薄いのでぶつけないようにお気をつけ下さいm(__)m
三味線修理 天神欠け三味線修理 天神欠け

2018/7/16 ジョイント修理のリスク

象牙の三味線糸巻きが折れてしまった際に、糸巻きを取り替えるか、ジョイント修理という方法がございます。

ジョイント修理は折れてしまった箇所を切り、ボルトを入れて新たな象牙を足すという修理です。
津軽三味線の場合、取り替えるより価格が安いのですがリスクがあります。
修理をしてから1〜2年で接着部分が弱り動いてしまうんです。
その際に割れが入る事が多いです。
写真は修理途中ですが割れている跡が残ります。
お値段は少々高いですが、お取替えする事をおススメ致しますm(__)m

2018/7/13 桐製タンスお持ち帰り特価!

三味線用の桐製2丁タンスをお持ち帰り特価にてお出し致します。

少々古いタイプですがまだまだお使い頂けます。
外側は比較的綺麗ですが内側は少々シミがございます。
店頭にありますので現物をご覧くださいませ。
価格は2000円になります。
発送やお取り置きなどはできませんのでご来店お待ちしております(^^)
三味線用 桐製タンス

2018/7/10 お琴の修理同時進行

古いお琴の修理をお受けしまして本日行っておりました。

四分六板のはがれや側面の糊付けの部分がはがれてしまっていたので同時に接着を行います。
接着剤が固まるまで何時間もかかるのでこのまま1日置いて、次に側面を削り焼き直します(^^)
接着修理が終わったら最後に糸締めです。
口前袋も取り替えるのでかなり綺麗になります!
お琴修理 糸締め直し

2018/7/7 貴重な藤本会のプラ撥!

当店の倉庫を整理していましたら大変貴重な品が出てきました!

藤本会から出ていたプラスチック撥で非常に人気のあったプラスチック撥になります。
箱は少々汚れておりますが新品なので探していた方いかがでしょうか?
滅多に手に入らない品なので早い者勝ちになります(^^)/

2018/7/4 お琴の糸の危険サイン

お琴のお稽古をしていると糸が1本切れる事があります。

その際、1本だけ締め直してほしいという依頼をお受け致しますがあまりお勧めはできません。
かなりの張力ですので、他の糸が切れた先にお子様や人がいて当たってしまったら非常に危険です。
1本切れるという事は他の糸もほつれて切れそうなサインですので天地または糸の取り換えをしてください。m(__)m

2018/6/30 べっ甲張りのヤギ手元鼈甲撥

先日ヤギの手元の津軽三味線用べっ甲撥が新入荷致しました。

今までのヤギ手元とは違い、本べっ甲を薄くお張りしております。
ヤギの手元は透き通っているので鉛が見えますがこちらは鉛が見えにくくオシャレな仕上がりとなっております(^^)
硬さもあるので当店一押しの撥になります!
津軽三味線用 べっ甲撥 ヤギ

2018/6/26 象牙調糸巻き仕込み

津軽三味線の糸巻取り換えをお受けいたしました。

象牙調の糸巻きでしたので素材はプラスチックになります(^^)
合成の糸巻きは黒檀よりも刃物が入りにくく仕込み辛いんです。
元のラインを作るのも手作業なので綺麗に出すのも技術が必要です(^^)
プラスチックでも最後は磨いて止まりやすいように墨を塗って完了です!!

2018/6/22 津軽三味線の天神磨き

当店の倉庫の整理を何日も夜まで行っておりましてブログが更新できずにおりましたm(__)m

だいぶ落ち着いてまいりましたので先日の修理を紹介いたします(^^)
津軽三味線の天神が取れかかっておりましたので一度外してから磨きました。
天神をはずした状態の方が砥石が当たりやすいので実は磨きやすいんです(^^)
新品を作る時も工程は一緒なんです!

2018/6/15 中古の象牙琴柱セット

ついに中古の象牙製の琴柱セットが出ました!

2万円ほどの新品で本革の立柱入れもお付けいたします。
1つ1つ私達が磨き直しておりますのでピカピカです(^^)
今回お出しした物の他にもう一組出す予定でおりますのでチェックしてみてください。
そちらも本革の立柱入れ付きです!!

2018/6/10 格安の中古お琴

中古のお琴が近日完成致しますが、税込みで2万円という金額でお出し致します。

少々訳アリで、装飾の部分などの劣化がみらます。
HPには載せず、店頭で現物をご覧頂いてから販売させて頂きますので是非ご来店くださいませ(^^)/
糸は新しいテトロン糸を締めておりますので通常のお稽古にご使用いただけます。

2018/6/6 天神割れ修理時の東サワリ

天神の割れ修理をお受けしました。
その際に東さわりを一旦外してから割れ部分を接着します。
東さわりが入ったままですと綺麗な仕上がりになりません(-_-;)
割れを接着し、天神の裏を磨き終えた後に東サワリを再度埋め込み、次はツラを磨きます。
天神の割れは割れている事がわかりにくい場合もあるので注意が必要です(^^)


2018/6/2 象牙撥の黄ばみ取り

三味線用象牙撥の黄ばみ取りをお受けいたしました。

象牙は目の中に汚れや黄ばみが入ってしまっているので完全に白くする事は難しいですが、ある程度までは綺麗になります。
ノミではぶいて黄ばみを取っていきます。
ここで少しでも力の入れ方を間違えると刃物の角が深く入ってしまい傷が付いてしまうので力加減や角度に気を付けながら削ります(^^)/
最後は磨いて完了です!

2018/5/28 高級な爪・駒入れ入荷!

三味線の駒入れ、お琴のお爪入れと両方お使い頂ける爪・駒入れの高級品が入荷致しました!

通常の生地と違い、手触りが良く光沢のある大和箔を使用して作りました。
生地を指定して作ってもらったのでかなり綺麗です(^^)/
これから1つ1つ検品して近日UP致します。
全て1点物になりますので欲しいお色の物がありましたらお早めに!
お値段は2680円です。

2018/5/25 糸巻き取り換えの前に

本日、ご注文頂いている長唄三味線の糸巻を新たに仕込む前に、糸巻きの開きを直すことにしました。

分かりにくいかもしれませんが写真の状態ではお客様にお出しできません。
開き具合が大きすぎて止まり具合に影響してきますので、開きを小さくします。
中古の三味線など作る前は糸巻きの開きも必ず直すんです(^^)

2018/5/21 中古胴掛けページを開設しました!

お稽古場や学校などに装飾がボロボロの古い三味線があるという相談をお受けする事がございます。

中古ですがまだまだ綺麗でお使い頂ける品を新品の半額以下でお出しする中古の胴掛けページを新たに開設いたしました。
中古なので裏側に黄ばみなどある物が多いので、綺麗な物をお使いになりたい場合はやはり新品がおススメです(^^)

2018/5/18 中古の津山撥修理中!

地唄三味線用の中古撥を修理しております。

べっ甲の津山撥を4丁同時に修理しておりますので少々お時間がかかりました(-_-;)
もちろん虫食いや欠けなどございません!!
本日3丁終わって残りの1丁はまた後日修理致します。
中古の撥は全て1点物になりますので早い物勝ちです(^^)/


2018/5/16 中古の最高級津軽三味線完成!

中古の津軽三味線が完成致しました!

かなり棹の質が良く非常におススメな三味線になります。
金細で綾杉胴、象牙の糸巻きが付いております。
胴掛けは津軽塗りで音緒などを含めて全て新品をお付けしております。
新品価格で100万円以上する品物ですのでぜひお店にご来店くださいませ(^^)

2018/5/13 仮継ぎ袋が入荷いたしました!

お待たせいたしました!

やっと当店オリジナルの仮継ぎ入れが入ってまいりました。
お店に買いに来てくださったお客様、売切れ状態が続いてて申し訳ございませんでしたm(__)m
今回13枚入荷して、まだまだ入荷予定がございます。
かなりお安く出しておりますのでこの機会にぜひ!!

2018/5/9 お婆ちゃんのお琴修理

お琴の修理をお受けいたしました。四分六板が剥がれていたので、付け直しました。

この後金具を磨き、全体を綺麗にしてから糸を締めます。
祖母が使っていたお琴をお孫さんがお使いになるそうです。
喜んで頂けるようできる限り綺麗にいたします。
お使いになる方がいないので、処分されにご来店くださるお客様も多数いらっしゃいますが、お孫さんが使って頂ければお琴も幸せですね(^^)/

2018/5/4 象牙撥の才尻カット

象牙撥の才尻を切る修理をお受けいたしました。

あまりにも長かったのでご指定通り2センチほど切らせて頂き、底を磨き直して作業は完了です(^^)
カットできる撥は象牙や水牛のみでプラスチックはお受けしておりません。
津軽撥で才尻を切りたいというご相談をお受けいたしますが、鉛が出てしまったりバランスが悪くなってしまいますので最初から手に合った撥をお探し頂く事をお勧め致します(^^)

2018/5/1 象牙調糸巻きのボルト

前にも一度ブログに書いたこともありますが、同じ修理が来たのでまたご紹介いたします。

象牙調の糸巻きをぶつけてしまい割れてしまいました。
象牙調の糸巻きは
写真のように、中に金属のボルトが入っているので少しの衝撃でしたら全く問題ございません。
落としたり倒してしまうと割れてしまうので持ち運びの際はお気を付けくださいませ(^^)
三味線修理 糸巻き取り換え

2018/4/28 新品の津軽べっ甲撥作成中!

津軽三味線用のべっ甲撥を作成致しました。

作成といってもべっ甲を張る所までは専門の職人さんに頼み、おろして綺麗に磨き上げる作業を当店で行いました。
かなり大変な作業ですが、厚みを残したかったので必要最低限しか削らないように加減をして作りました。
2丁あるのですがどちらも木製で握りが細めなので女性向けの撥になります。
近日UP致します(^^)/

2018/4/24 次は中古紅木小唄三味線!

先日ブログに載せました長唄のお稽古用三味線ですが、お陰様で完成前に行き先が決まりました(^^)

今度は紅木の小唄三味線の作成に入りました!
小唄三味線は男性におススメな棹が太めなタイプで東さわりも付いております。
これから胴付け・中木付け・糸巻きの平き直しなどほぼ全ての修理をします!
完成前でしたら胴掛けなどお好きな柄をお選び頂けますのでお問合せ下さいませ!!

2018/4/21 中古の花梨長唄三味線出ます!

中古のお稽古用長唄三味線は人気なので作成する前に注文が入ってしまい、なかなか店頭に並べる事ができない状況でした。

現在棹を磨き直して皮も張りましたので近日お出し致します(^^)
どこも故障個所の無い綺麗な品になります!
店頭に現物もあり、詳細などお気軽にご相談くださいませ!!

2018/4/16 張替え時の注意点

三味線の張り替えを出す際、まれに胴の接着部分が弱くなって隙間が開いてしまっていることがございます。

張替えをするのに皮を剥がしましたら、剥がしたらバラバラになってしまいます。
胴の付け直しをすれば直るのですが、修理代が別途かかりますのでご自身の胴を確認を修理に出す前にご確認くださいませ(^^)/

2018/4/13 琴柱入れがたくさん新入荷!

お琴用の琴柱入れが沢山入りました!

13弦用お琴のボタンタイプの琴柱入れです(^^)
今までお待ち頂いていた方、大変お待たせいたしました。
様々な柄が揃っておりますので今がチャンスです!
お店に全てございますので現物を見に来てください(^^)/

2018/4/10 閉店後にトレーニング!

私事ですが、三味線の張替えやお琴の糸締めは結構筋力を使うので私達はトレーニングをしております(^^)

写真は閉店後の3代目です(笑)
津軽三味線の皮を張るのに腕の力も大切で、納得のいくように作業するのに体のケアも重要ですね♪
昔はぎっくり腰をよくやっておりましたが筋トレを始めてなくなりました('◇')ゞ
片方12キロのダンベルしかなく少々軽いのでそのうちもっと重いのを用意しようと思います!

2018/4/7 三味線の糸巻きの角度直し

三味線の糸巻きの角度というのはかなり重要というのはご存知でしょうか。

一番使いやすいとされている寸法があり、それに合わせて金具にも角度がございます。
金物を打つ位置や角度によっては糸巻きと金具の擦り合わせ部分が綺麗に当たらず、糸巻きの止まりにくい三味線になってしまいます。
写真の三味線は実は糸巻きが開きすぎているので良くない状態です。
中古の三味線ですが、金物を取り外してこれから開きを直します(^^)

2018/4/3 三味線の天神付け修理

三味線の天神付け修理をお受けいたしました。

天神が取れてしまった場合、乳袋のあたりからヒビが入っている事が多いです。
今回の修理は何事もなかったのでご費用もお安く直すことができます(^^)
上駒のあたりなどに手で触ってわかるような段差ができ始めたら糊付けが甘くなっているか取れてしまっているかという事ですのでお気を付けくださいませ。

2018/3/30 教材用の津軽三味線調整

本日教材用のアフリカ花梨津軽三味線が3丁入荷致しました。

こちらは工場生産の品ですが、糸巻きや胴の仕込みを私達の手で調整しております(^^)
仕入れたままの状態ですと糸巻きはがたつきがあり少々止まり具合が頼りないので手を加えなければなりません。
工場生産の教材用でも1丁1丁調整してから店頭に並べておりますので安心してお買い求めくださいませ!!

2018/3/27 桐製の箱型見台が出ました!

大変貴重な桐製の箱型見台が出ました!

当店が昔から在庫していた品でついにHPにUP致しました。
少々在庫していた時期が長いのでヒモの部分の色に劣化がある気が致しますが現在は製造がされていないのでお探しの方はこの機会にいかがでしょうか(^^)
時代仕上げという焼き方で、国内の職人さんが作った品になります
三味線用 桐製箱型見台

2018/3/24 お琴の座金取り換え

お琴の糸の取り換え修理をお受けしまして、全てを綺麗にしたいという事で金具も取り替える修理も同時にお受けいたしました。

中古のお琴を出す際によく取り替えるのですが、あまり比べた事がないので隣に今までの金具と新しい金具を置いて比べてみました。
比較したのは1つずつですが、全てを取り替えると綺麗さがかなり変わりますね(^^)

2018/3/20 津軽三味線の胴仕込み

新品ご注文品の津軽三味線を作成中です(^^)

胴を仕込むのに焼抜きをする作業は前にご紹介したかと思います。
今回はその前段階の工程をご紹介いたします。
胴は穴は開いておらず、ドリルや小さなのこぎりを使って焼き抜く前の穴を開けます。
三味線が完成した際にハの高さがしっかり出るように穴の位置も開けます。
胴に傷がついてしまったら終わりですので丁寧に行わなくてはなりません(^^)
津軽三味線 胴仕込み

2018/3/16 三味線の音緒をほどいてみました

三味線の音緒はどんな状態の物からできているかご存知でしょうか?

皆さん音緒の形をしている状態しか見たことがないかと思いますので試しにほどいてみました。
実は音緒というのは1本の紐から出来ており、音緒の形に結ぶことで完成します。
ただ私達も結わき方が分からないので元には戻せませんでした(笑)
知恵の輪みたいですね(^^)

2018/7/28 オリジナル箱型1丁撥入れ入荷!

長唄・津軽三味線用の箱型1丁撥入れが8点新入荷致しました。

今回は西陣織の生地を使用した物が多く、女性向けの柄もたくさん入荷致しました(^^)
次回の入荷予定はまだないので気に入った柄がありましたらお早めに!
入荷にあたり箱型1丁撥入れの商品紹介のページを新しく作りましたのでわかりやすくなりました!
当店の完全オリジナル品です(^^)/

ページトップへ