カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
本年の営業は28日で終了致します。

セール

店舗写真

店舗写真

店舗写真

象牙の津山撥直し

〜象牙の津山撥の先欠け直し〜

象牙の津山撥の先欠け直しをお受けいたしましたのでご紹介致します。

下の写真くらいの欠けでしたら大きく形が変わる事がないように直す事が可能です。↓

地唄用 津山撥修理


まず、サイドから少しずつ削っていき、撥先の角を出していきます。このとき、間違って先を飛ばさないように細心の注意を払って削ります。↓

地唄三味線 津山撥先直し


撥の先を出して形が決まったら次は磨きに入ります。磨き残りがあると綺麗に仕上がらないので何度もチェックして綺麗に磨いていきます。↓

地唄三味線 象牙津山撥修理


磨きが終わったらバフという機械で仕上げていきます。磨きの段階で綺麗に磨かれていないとバフを掛けた時のツヤに濁りがでます。
もしツヤが出にくかったら何度も磨きからやり直します。↓

地唄三味線 象牙津山撥修理
地唄三味線 象牙津山撥修理


バフを掛け終わって全体に綺麗になったら完了です。細かい部分までチェックしてからお客様にお渡しいたします。
新品以上に綺麗になります。

ページトップへ