カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
本年の営業は28日で終了致します。

セール

店舗写真

店舗写真

店舗写真

『菊岡 中むら』の中古三味線が完成するまで



当店は実際に『菊岡 中むら』店舗の中のお客様の目の前で職人が全ての作業を行っておりますので、お店に来て頂ければいつでも作業風景をご覧頂けます。

当店の中古三味線は「ハ」や「下がり」がくるっていたり、糸巻きや別の部分が調整不足のままお出しするという事は100%あり得ません。皮も新しく張り替えてあります。

中古三味線は、ただ1度他の方に渡ったというだけで手を掛ければ新品同様の状態に甦ります。新品に比べて値段も安く当店でも売れ筋の品となっております。




それでは簡単ではありますが当店の中古三味線が完成するまでをご紹介致します。

まず第一に棹の曲がりや「ハ」の高さをチェックします。

中古三味線説明 フリーエリア


棹が曲がっていると3の糸が落ちてしまったりします。継ぎ手の中を少し削ったりしながら曲がっている方向とは逆に振って調整します。↓

三味線修理 曲がり


「ハ」が低かったり高かったりで合っていない場合は取り外して高さを合わせて調整します。高さが合っていないと弾く際に非常に弾きにくくなりますので1厘単位で何回も確認しながら調整します。この修理を「ハ直し」といいます。↓

中古三味線
中古三味線説明 フリーエリア


そこまで完了しましたら次はカンベリ修理と棹磨きに入ります。中古で引き取った三味線はツヤがない物が多いので綺麗に磨いて最後は漆を入れて仕上げます。
カンベリを取ると厚みが減ると言う方もおりますが、うまく取ればさほど減りません。実際に当店で販売している中古三味線は先何十年も使える品しかお出しません。↓

店舗写真


磨きの作業は天神の先まで行います。
新品を作る時と同じで、棹の全体を磨いてしまうので新品と同じように綺麗になります。↓



次は胴です。たまに胴の留め部分に隙間があったり割れている場合は一度4枚にばらして前の糊部分を綺麗に洗います。そして再度削り合わせて接着します。この作業を「胴付け」といいます。↓

中古三味線説明 フリーエリア
中古三味線説明 フリーエリア


皮の張り替えに移ります。ここで音がある程度決まってしまうので大変重要な作業です。当店では張りあがっても自分張り具合に納得がいかない場合、少しもったいないですがそれを剥がして何回でも張り直します。それくらいこだわってる作業です。
当店では張り替えに『自分の手』以外は使いません!↓

中古三味線説明 フリーエリア


手で張る際は『木栓』という道具で皮を挟んで引っ張ります。



皮を張り終えて糸を掛ける前に糸巻きの調整をします。
糸巻きの調整がしっかりされてないと使えないので地味ですが非常に大切かつ技術のいる作業になります。
金物が取れかかっていたり糸巻きの開きが悪い場合も後々心配のないように全部外して付け直します。↓


最後に胴掛けや音緒などを付けて糸を掛ければ完成です。最後に自分たちで実際に音を出して音が悪ければ再度チェックし直します。
そこまでこだわって当店の職人は1つ1つ丁寧に作っております。



最後になりますが、写真や文章だけでは見えない部分が多々あります。
当店では、新品・中古に限らず、長年共にする楽器ですので値段や情報だけで判断せず可能であれば実際に品物を手に取って見る・触るという事をお勧めしております。
また、購入後もメンテナンスは必ず必要になってきますので、安心してお付き合いのできるお店選びも重要です。
ご遠方の方は大変かもしれませんが、品物は全て店頭にあり、ネットと価格は同じすので是非足をお運び頂ければと思います。
ご来店を心よりお待ちしております。

ページトップへ