カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

店舗写真

店舗写真

店舗写真

バナー

2021/1/21 糸巻きの止まり具合

三味線を使っていて糸巻きが止まりにくいなどという事は皆さん経験しているかと思います。

いくつか理由がありますがその中の一つをご紹介いたします(^^)
糸巻きというのは金具の内側と糸巻き本体が擦り合わさっているのが良い状態です。
長年使っていると糸巻きはどんどん短くなっていきます。
すると金具の外側に糸巻き本体が当たってしまうようになります。
そうなると押し戻されたり止まり具合に違和感が出てきます。
糸巻きが短くなってきたら糸巻きの調整ではなくライン部分を作り直す『元からの削り直し』をする事をお勧めします(>_<)
三味線修理 糸巻き

2021/1/16 津軽べっ甲撥直し

津軽三味線用のべっ甲撥直しをお受けいたしました。

両耳がギザギザと糸の跡がついておりますので形を直しつつ削ったり磨いたりとして直していきます!!
両耳が均等に擦れている方が直す際に形を保ちやすいので使用する時はどちらもお使い頂いた方が良いです(^^)
磨き直しまで完了したらバフにかけてツヤを出したら完了です!!
津軽三味線 撥直し津軽三味線 撥直し

2021/1/12 花梨長唄三味線!

中古の花梨長唄三味線の作成を本日開始致しました!

現在は全て売り切れてしまっていたので店頭でご紹介できる品が無くなっておりました(>_<)
お客様の修理を並行して作成を進めて行きます!!
現在の見た目は綺麗じゃないですが棹全体を磨き直し皮を張り替えますので劇的に変わります(^^)
他の部分に直す箇所はなさそうなので早い段階で完成するかと思います!
中古三味線 花梨長唄

2021/1/8 最初の作業は糸巻き!

明けましておめでとうございますm(__)m

当店は少し遅くて本日より営業を開始致しました!
一番最初の作業は津軽三味線の糸巻取り換えでした!
休み中に溜まっておりましたご注文の品物も一気に発送させて頂きました('ω')ノ
現在は感染者が増えておりますので今後どうなるかわかりませんが皆様に喜んで頂ける品物を揃えていく予定でおります!
本年もよろしくお願い致します(^^)

2020/12/28 お店の大掃除!

本日は今年最後の営業日なので修理はせずにお店の掃除を致しました!

なかなか時間がとれずあまり片付けられませんでた(笑)
大変な年になってしまいましたが来年は落ち着いてお稽古や発表会などができるようになるといいなと心から思っております。
皆様お体には十分お気を付けくださいませ!!
今年も沢山の修理やご注文をありがとうございましたm(__)m

2020/12/23 作業の追い込み!

今年の当店の営業日もあとわずかになりました(^^)

和楽器が盛んなシーズンは終わっているのですがお陰様で修理を頂いております!!
今頂いている修理は本年の間に終わらせる予定です( `ー´)ノ
金曜日以降にお預かりしました修理は来年からの作業になりますので予めご了承くださいませm(__)m
あと少し頑張ります!!

2020/12/18 お買い得の短棹!

紅木のリニューアル短棹三味線のお値段を大幅に値下いたしました(>_<)

特に破損個所や修理箇所などは全くない完品です♪♪
一つご説明があるとすれば下の部分が鳩胸という形をしている事くらいでしょうか(^^)
東サワリも付いており太さもあるのでとても使いやすそうな本体です('ω')ノ
1丁限定の品になりますので民謡や端唄で短棹をお探しの方いかがでしょうか?下のリンクから商品ページに飛べます!



2020/12/14 東サワリの切り出しサービス

民謡三味線の張り替え修理をお受けしました!

当店では皮の張り替えを預かった際にたくさんの無料サービスがありますが、今回お預かりした三味線の東さわりが平らで音が出ない状態でしたので分解して直しました(^^)/
初めの状態と作業後の状態を写真に撮りましたので比べてみてください!
見た目ではわかりにくいかもしれませんが音を出すとはっきりと違いがあります。
東さわりの直しは無料で行いますので修理の時は遠慮なくご相談ください!!
東サワリ

2020/12/11 津軽の紅木糸巻き仕込み

津軽三味線の紅木糸巻きの仕込みをお受けいたしました('ω')ノ

削られていない状態からやすりを使用して削り出していきます!
津軽三味線の糸巻は太いので手でおろしていくのは大変ですが、元のラインを少し変わったやすりでえぐります(^^)
えぐりすぎると形が崩れるのと止まり具合に影響があるので少しずつ状態をチェックしながら削るんです(>_<)
やはり紅木の糸巻きはかっこいいですね!!
津軽三味線 糸巻き取り換え

2020/12/7 象牙長唄撥の型直し

長唄三味線の象牙撥の形直しをお受けいたしました(^^)

ご自身でいじってしまったようで形がいびつになっております(>_<)
なるべく開きを残しつつ形を整えていきます♪♪
頂点を削ると厚みが変ってしまいますのでサイドを削ります。
逆に厚みを出したい場合はてっぺんを少し削ったりもします。
そこは臨機応変で('ω')ノ
サービスで全体を磨き、ツヤを出したら完成です!!
before・afterを載せました!!
三味線修理

2020/12/1 中古のくり甲出ました!

年末年始にかけて中古のお子と本体を仕上げました!

くり甲を3面一気に出したいと思います(>_<)
価格帯は10万円~30万円を予定しております!
近日中に写真をUp致しますのでお探しの方はチェックしてみてください(^^)/
発送は対応できませんので店頭でのお持ち帰り特価になります('ω')ノ

2020/11/26 お買い得の長唄三味線

年末に向けて紅木の長唄三味線のお買い得品を作りました!!

ほぞは銀細で胴も綾杉胴です(>_<)
象牙の糸巻きや象牙の駒と付いている付属品も豪華になっております!!
表皮も舞台でもオッケーな四つをお張りいたしました(^^)
棹は細めになっておりますが価格をお求めやすくして税込み12万円で販売致します( `ー´)ノ
1丁限定品です!!

2020/11/20 お稽古用の半津軽完成!

前のブログで作業内容をお伝えしました花梨の半津軽が本日仕上げました!

中古ですが糸巻きが長く東サワリも新しい物を仕込みました!
棹の状態もとても良いのでおススメです( `ー´)ノ
津軽三味線をやってみたいけど重くて持ちにくいという方向けです(^^)
厚めの皮を張り駒も津軽三味線用の駒をお付けしましたので同じように演奏可能です(>_<)

2020/11/16 花梨の半津軽!

中古の半津軽三味線を作成しております(^^)

今回は花梨三味線になるのですが、実際に修理をしていて完成までに行った作業を本来の修理代金に換算したらどのくらいになるのだろうと思い計算してみました(>_<)
カンベリ+棹全体磨き40000円・新品東サワリ入れ25000円+糸巻き金具全て付け直し4800円+糸巻き調整(元から削り直し)3000円+皮の張り替え両面28000円と付属品代金になります!
修理代だけでも10万円超えておりました(笑)
今回の三味線の販売価格は8万円前後でお出しする予定です( `ー´)ノ
かなり手を掛けておりますのでお楽しみに!!
中古三味線修理

2020/11/11 音緒のサイズ

三味線用の音緒ですが、サイズが3種類あります。

それぞれジャンルやお使いの三味線によって変わってくるので簡単にご説明します( `ー´)ノ
まず長唄サイズという音緒ですが、長唄・小唄・端唄・民謡・地唄などの中棹までのサイズに使用されます!
地唄サイズという音緒は津軽三味線に使用されています!
津軽サイズというのは実はあまり使用されておらず、好みで選ぶ方が多いです(^^)
名前と使うジャンルが違うので少々分かりにくいですが参考にして頂ければと思います('ω')ノ
右が津軽サイズ、真ん中が地唄サイズ、左が長唄サイズです!

2020/11/5 人気のチャック撥入れ!

三味線用のチャック撥入れが新しく入荷致しました!!

今回は鳥獣戯画や風神雷神、毬柄など和風な感じの柄になります(^^)
今までより1ランク上のチャック撥入れになります♪♪
個人的には鳥獣戯画が好きです(>_<)
津軽や長唄、民謡など兼用なので津軽撥などをお使いの方には少々大きいかもしれませんが中に小物を入れたりツヤ布巾で撥を包んで入れる方にはいいかもです( `ー´)ノ

2020/10/31 長唄三味線の曲がり直し

中古長唄三味線の作成を開始致しました!

曲がりが少々あり太さがあったので天神を振って曲がり直しをする事になりました!
継ぎ手の中を削り、側面に段差ができるのでそこを削ります(^^)
簡単に説明しましたがかなり難しいレベルの作業です('◇')ゞ
こちらの長唄三味線は非常に質の良い棹です♪♪
四つ皮をお張りして出す予定です!!(>_<)

2020/10/27 格安中古三味線を作りました!

当店で試験的に格安のお稽古三味線を作ってみました!

今までお出ししていたお稽古三味線はカンベリを含めた全体の磨き直し・皮両面の張り替え・糸巻き調整など無条件で全ての修理を行ってからお出ししておりました(^^)
もっとお安い品をというお声を頂きましたので実際に作ってみました!!
全体をチェックしてますが、演奏するにあたって修理は必要な部分のみにして価格を抑えた品物です。
音質は抑えめに作っておりますが、入門用としては十分なので心置きなくお使い頂けるのではないかと思います!!
1丁1丁修理した箇所が違いますので商品説明を読んで頂ければと思います(>_<)
本体を3万円以下で販売するのは初めての試みです!!
中古三味線 花梨地唄

2020/10/23 天神欠け修理

本日は天神の欠け修理をお預かりいたしました('◇')ゞ

欠けの大きさがそこまで大きくなかったので先を詰める修理になりました。
天神の修理方法は欠けの大きさなどにより可能な修理方法が変わってきます(^^)
もし欠けさせてしまった場合は欠片は失くさずにお持ちください!!
欠片があればコストが一番安く綺麗に修理する事が可能です♪♪

2020/10/17 胡弓の音緒の色

だんだん胡弓の音緒のカラーバリエーションが増えてきました(^^)

最初はほとんど揃えておりませんでした。
最近は胡弓だけではなく沖縄の三線に使うらしく三線をやっているお客様からのお声が掛かるようになりました('◇')ゞ
長唄サイズや地唄サイズほどの種類はまだありませんが色をご指定頂ければ作る事も可能です。
ただ、同じ色につき2つからのご注文になりますのでよろしくお願いします!!

2020/10/13 中古の津軽をもう1本!

先日ブログでお伝えした中古の紅木津軽三味線を本日社写真をUP致しました!

それと同時進行で作っていた少し細めの紅木津軽も完成しましたので載せました(^^)/
こちらは胴の大きさは4分大で棹の太さが1寸ないので女性や通常の太棹が重くて持ちにくい方にお勧めです(>_<)
棹の材質も良い感じでお値段も少し小ぶりな分抑えました!!
中古三味線 紅木津軽中古三味線 紅木津軽

2020/10/9 下棹と中棹の割れ

先日は猿尾の割れをお受けいたしましたが本日は津軽三味線の中棹と下棹部分の割れ接着修理をお受けいたしました(>_<)

お急ぎとの事なので特急で仕上げていきます!!
写真のように結構派手に割れていて両方の凸が飛んでしまっております(-_-;)
今回は凸を埋め込み直した後に万力で締めます。この時に側面やツラになるべく隙間ができないようにしないと仕上がりが悪くなるのでここはかなり大事です(^^)
次の作業は両方の継ぎ手の中がガタガタになってしまっているので中を削り直してピタッと合わせます。
この作業が一番難しいところです('◇')ゞ
津軽三味線修理 棹割れ津軽三味線修理 棹割れ津軽三味線修理 棹割れ津軽三味線修理 棹割れ

2020/10/3 中古の紅木津軽が完成!

お問い合わせの多い中古の紅木津軽三味線が完成致しました(>_<)

棹の太さも1寸あり胴の大きさも5分大です!
糸巻きも長さが長く、棹部分も磨き上げているのでかなり綺麗です♪♪
皮も新しく張っておりますので店頭で音を確認して頂く事も可能です('◇')ゞ
是非ご来店くださいませ(^^)/

2020/9/28 猿尾直し完成!

先日Upしたブログの続きです(^^)

万力で締めたとしても少しの段差など出来ますので手に感じなくなるように磨きます。
ツラを磨くような砥石とは違い、猿尾を磨く時は専用の砥石を使います(^^)
その砥石も使いやすいように自分たちで作りました♪♪
綺麗に磨き上げて油や漆を入れ直しツヤを出したら完了です!!(>_<)
三味線修理 猿尾の割れ

2020/9/25 津軽三味線の猿尾直し

津軽三味線の猿尾の割れ直しをお受けいたしました。

真っすぐにピキッと割れが入っていてどの角度で締めようか少々悩みました(-_-;)
変な角度で締めてしまうと片側の隙間が大きくなってしまうので何回も角度調節をし一番しっくりくるところで接着しました(^^)
割れ修理で共通する事ですが一回勝負です(>_<)
接着が完了したら次は磨きに入ります!!
三味線修理 猿尾の割れ

2020/9/19 東サワリ交換

古くて銀色の東サワリから新しい金色の東サワリに交換する作業を行いました('◇')ゞ

まず中のバネなどを全て取り外し、古い東サワリを取り出します。
その穴の中や裏側の接着面などの削り合わせをし、新しい東サワリを埋め込みます(^^)
そして棹のツラを磨き直して東サワリの中のサワリ駒を作り直したら完了です!!
カンベリ修理を同時でしたら作業代金が割引になりますよー(>_<)
三味線修理 東サワリ入れ


2020/9/14 金物の接着面

三味線の糸巻きを仕込むところに付いている金物です(^^)

金物の付け直しの修理をたまにお受けします。
ご自身の金物が取れた際は一度接着面を確認してみてください。
左側のように傷がついている金物でしたら付け方としてはオッケーです('◇')ゞ
右側の金物のように接着面に傷が付いていないと接着剤の付きが悪くすぐに取れやすいです(-_-;)
一つの金物がこの状態ですと他の金物も順番に取れてくる可能性が高いので気を付けてみてください(>_<)

2020/9/9 ほぞの中の割れ

皮の張り替え修理をお預かりした際にほぞの中も割れていたという事がありました。

今はまだほぞが付いている状態なので固めて削り合わせをすれば元通りに戻ります(^^)
このままわからないまま使っておりますと割れから取れてしまい、入れほぞという結構大きな修理なってしまいます(>_<)
演奏していて分解できる部分に段差ができていたり手に触るなって思ったら中で割れている可能性がありますので気を付けてみてください!!
三味線修理

2020/9/4 胴付き合わせ

三味線のハ直しをお受けいたしました('◇')ゞ

ハ直しをしたあとは角度が変わるので胴と棹の接続部分に隙間やズレが生じます(^^)
この胴に付く部分の直しの事を胴付き直しと言います。
中木のハ直しはこの胴付きを合わせるまでがハ直しです( `ー´)ノ
少し特殊なノミを使用したり小刀などを使用してピタッと合わせていきます♪♪
ここで合わせないと胴掛けの紐が入ってしまったり使いにくくなるので大切な作業です('◇')ゞ

2020/8/29 天神のズレ

本日津軽三味線の張り替えをお預かりしました際に天神の接着部分がずれていました。

このままでは音が出ないので同時に修理する事になりました(^^)
まず天神を外し接着面を削って合わせます。
削って合わせたら接着して磨きます。
今回はカンベリ修理も同時にお受けしましたので磨きが割引きになってお得です( `ー´)ノ
簡単に書きましたが角度を合わせて接着するのが1発勝負だったりサワリを切り直したりと意外に難しいんんです('◇')ゞ
津軽三味線修理 天神付け

2020/8/25 大島紬の爪・駒入れ

お琴の爪入れと三味線の駒入れを兼用している爪・駒入れですが、この度新しい柄が入荷致しました!!

今まで入ったことがない正絹の大島紬で作られております(>_<)
正絹なので手触りも良くさらっとしております(^^)
西陣織の物とは違った雰囲気です♪♪
全て柄が違って1点物になります( `ー´)ノ
近日中にUP致します!!

2020/8/22 当店特注の象牙爪!

当店が特注で作成しているお琴のお爪があるのはご存知でしょうか?

通常のお爪よりも厚みを厚くし、強い音が出やすいように作っております( `ー´)ノ
17弦でも十分にお使い頂けるので兼用が可能です(^^)
基本的に少量しか在庫はしない品物ですので数が欲しい方はご相談ください♪♪
裏にくりがあるタイプと真っ平らなくりなしというものがあります(>_<)
私達の中でも非常におススメのお爪です!!
右側が通常の厚みで左側が当店特注の厚口タイプです!!

2020/8/17 下半期の作業開始!

本日早速たくさんのお客様のご来店やお電話ありがとうございました!

連休が明けて本日からお店を再開させて頂きました(^^)/
早速ですが本日はお客様対応の間に糸巻き修理やカンベリ、皮の張り替えなど行いました!
初日からフル稼働です( `ー´)ノ
コロナで満足にお稽古できなかったり演奏会が難しい状況かと思います。
私達もできるだけお客様に寄り添って頑張っていきます!!

2020/8/10 地唄用の駒の重り

地唄三味線用の水牛駒など裏側に鉛や銀、金などの重りが入った駒をお使いの方でまれに割れるような変な音になった経験はおありでしょうか?

使っていていきなりなるのでビックリされるかと思いますが三味線に不具合などではなく、駒の裏側の重りが浮いている可能性がございます(^^)
重りが取れるわけではないので、とても分かりにくいですが駒が原因という事が意外に多いです。
重りの入った駒をお使いで音がビビるようになったらまずは駒を疑ってみてください( `ー´)ノ

2020/8/5 訳アリの立奏台

お琴用の立奏台の訳アリ品を1台限定で商品に追加致しました。

詳しくブログにて説明させて頂きます(^^)
作りなどは特に問題なく、裏返した時の裏側の塗りが少し甘くなっていて白っぽいです。
普通に使っている場合は裏返す事はないのでまず問題はないと思います♪
今回複数入荷しましたが検品しましたところ1台のみ見つかったので通常より少しだけお安くお出し致します(>_<)
送料も無料です!!
お琴用 立奏台

2020/8/1 正絹の長唄サイズ胴掛け!

長唄三味線用の胴掛けが新しく入荷致しました。

人気で前回の入荷分はほとんど売り切れてしまいました('◇')ゞ
今回は前よりカラーバリエーションはベージュ系やグリーン系も新たに増えました♪
赤はとても綺麗です( `ー´)ノ
正絹で鳥獣戯画の胴掛けは珍しいと思いますのでいかがでしょうか?(>_<)


2020/7/27 焼き絵の桐製胴板が新入荷!

先日、焼き絵入りの桐製胴板が数枚ですが新入荷致しました('◇')ゞ

今回の絵は風神雷神や兎・孔雀などです( `ー´)ノ
手で1枚1枚焼いてもらっておりますので味がありますよー(^^)/
風神雷神と孔雀は柄が細かいので私達も気に入っております♪♪
店頭にございますので是非ご覧ください!!

2020/7/22 太い糸巻の仕込み!

新しい糸巻きの仕込みを行いました('◇')ゞ

民謡に使う三味線で7分という少し太めの糸巻きを仕込むことになり、その経過を写真に撮りましたのでご紹介致します(>_<)
糸巻きは新品の状態では何も削られていないので元のラインもやすりで作ります。
金具の角度を確認しながら止まり方に癖のないよう先と元が均等に当たるように削ります( `ー´)ノ
ざっくり書きましたが7分~津軽用の8分5厘など太くなるとかなり大変なんです(-_-;)
三味線修理 糸巻き仕込み三味線修理 糸巻き仕込み三味線修理 糸巻き仕込み

2020/7/18 生田流の爪皮の違い

お琴の爪皮ですが、エナメルとヤンピだとサイズの表記が全く違います。

エナメルはかなり細かく号数があるのですがヤンピは細かく分かれておりません(^^)
例えばエナメルの6号とヤンピの6号では全く大きさが違うんです( `ー´)ノ
ヤンピの場合は3つで1組になっておりますのでピタッと3本の指を合わせるのはなかなか難しいかもしれないですね(-_-;)
たまにサイズの事で問い合わせがあるので書かせて頂きました('◇')ゞ
お琴用 ヤンピ爪皮山田

2020/7/13 本日行った修理!

本日はお客様の三味線や中古の三味線を含めてたくさんの修理を行いました(>_<)

お客様のカンベリ修理・中古の三味線全体磨き・胴の付け直し・天神付け・中木ハ直し・全ての金物付け直しなどです(^^)
当店では全部の作業を3代目と4代目が行っているので手都合によってですが作業スピードが速いのが自慢です(笑)
本日は3丁の三味線を同時進行で直してました('◇')ゞ
最近のブログは品物の紹介が多いので修理のお話もこれから載せていきます♪♪

2020/7/10 お買い得象牙丸撥part2

先日お買い得の象牙撥を出しましたが第2段として追加でお出し致します(>_<)

今回も端唄用の撥ですが丸撥で欠けなどは一切ありません!
形もとても良いので大変おススメです( `ー´)ノ
撥先が薄めなので端唄を習っている方いかがでしょうか(^^)
今回は丸撥なのに3万円を切ったお値段でお出しいたします!
準備ができ次第UP致します♪♪
三味線用 中古撥 象牙

ページトップへ