カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
本年の営業は28日で終了致します。

セール

店舗写真

店舗写真

店舗写真

音が徐々に下がってくる


〜音が徐々に下がってくる〜

演奏中に音が下がってくるのは糸が伸びているからです。三味線という楽器は一度調弦してもずっとその音が持続する訳ではありません。

ましてや糸巻きが緩んでいるわけではありません。糸巻きが緩んでいたら一気に戻ります。

糸を取り替えた際にでもしっかり伸ばしておけば演奏中もそれほど伸びませんのでまずはしっかり糸を伸ばすという事を心掛けるのが良いかと思います。

糸を伸ばす際に、糸巻きから上駒の間が意外と忘れがちで、そこを伸ばすだけでかなり変わります。金物部分で糸に負担がかからないように伸ばしてください。↓


それでも演奏中にも多少の調弦は必要になります。プロの方も必ずやっている事です。
演奏中の糸巻きの巻き方もコツがいるので悩んでいる方は先生に相談すると良いと思います。

ページトップへ